安全・快適は、
目に見えない部分から
生まれる

末吉 貴博Sueyoshi Takahiro
2018年入社

志望動機を教えてください。

地元大阪で一番頻繁に利用した交通機関が、大阪市交通局の地下鉄(現Osaka Metro)でした。昔から馴染みがありましたし、高校時代に授業で保線の勉強をしたことがきっかけで、線路を守る仕事がしたいと思うようになりました。加えて、民営化というタイミングが自分にとっては追い風になり、さらなる成長を遂げていくこの会社で自分の力を試してみたいと考え入社しました。

今の業務内容を教えてください。

安全で安心な輸送を確保するため、線路や構造物の機能を維持管理しています。特に線路の状態は、列車の走行安全性や乗り心地に大きく影響します。そのため定期的な検査・軌道補修・材料交換などが欠かせません。

どんなところにやりがいを
感じますか?

作業を無事に終え、整備した線路の上を電車が通過したときなどにやりがいを感じます。線路の整備はもともとある物の形を変えずに行うため、一見しただけでは何が変わったか分かりません。しかし電車に乗って通過した際に乗り心地が良くなったり、走行音が静かになったことを明確に感じられたとき、これ以上ないやりがいを感じますね。

自身の成長を実感した仕事を
教えてください。

入社後に参加した専門的な研修では、実際の作業に基づいた実践的な技術指導を受けることができました。最終的には新人のみで実習する機会をもらい、入社間もない私にとってはまたとない貴重な経験になりました。

これからの目標を教えてください。

1933年、日本初の公営地下鉄として大阪市営地下鉄は開業しました。その当時から保線の仕事は存在し、以来先輩方が培った歴史ある技術は脈々と受け継がれています。私も上司や先輩方から教わった技術をしっかり修得し、そしていつの日か後輩たちに技術を継承できるような存在になりたいと思っています。

ONE DAY SCHEDULE