地下鉄の
顔である駅舎を
より快適な空間に

鈴木 愛香Suzuki Manaka
2018年入社

志望動機を教えてください。

就職活動で最も重視していたのは、建築職として働けるかどうかでした。大阪府や大阪市の採用試験も受験するかたわら、大阪市営地下鉄がOsaka Metroとして民営化し、新しいチャレンジを積極的に進めていくという方針を知り興味を持ちました。利用する方の目線に立って、どんな方でも快適に過ごせる空間創りを、自分たちが主体となって取り組めると思い、Osaka Metroへの入社を決意しました。

今の業務内容を教えてください。

私が在籍する建築管理事務所では、駅舎の保守管理や改造工事等の工事監理だけではなく、列車の運行に関係する地上施設の保守管理や改造工事等の工事監理も行っています。その中で私は建築工事担当という部署に就き、お客さまに安全・安心・快適に駅をご利用頂くための安全対策工事や、グランドリニューアル工事の施工監理に携わっています。工事中はお客さまにできる限りご迷惑をおかけしないよう、仮囲いの範囲や安全対策に工夫を凝らし、受注者と共に安全第一かつより良い駅施設の実現を目指しています。

どんなところにやりがいを
感じますか?

駅で行う建築工事は、そのほとんどをお客さまがいない夜間に行っており、工事の中でも重要になる作業や判断が必要な場合は、夜間であっても立会います。設計図に示されている完成形を実現するため日々状況が変わっていく現場に対応し、チーム一丸となって工事を進めていくプロセスはワクワクするものです。設計者が考え抜き、私たちが工事を監理して完成した駅舎をお客さまが利用されているのを見ると、「この仕事についてよかったな」と思います。

自身の成長を実感した仕事を
教えてください。

印象深いのは、担当として初めて施工現場に携わったときのことです。現在も様々な業務を通じ勉強している最中ではありますが、当時は新人ということもあり本当に分からないことだらけでした。それでも施工図や書類の確認を行い、ときには自ら変更図面を描いて現場にイメージを伝えたりと、日々目まぐるしく変化していく現場に必死に食らいついていきました。そんな日々を経て、最近ようやく成長が実感できるようになってきました。

これからの目標を教えてください。

お客さまの目線でも、建築のプロとしての目線でも、駅舎の安全・安心・快適に繋がる工事監理ができるようになることが今後の目標です。今は打合せでも完成時のイメージが出来ず、上司や先輩方についていくのに精一杯ですが、お客さまが安全に、そしてさらに利用しやすくなるように、現場を見て瞬時に対応できるようなプロフェッショナルになりたいと思います。

ONE DAY SCHEDULE