世界中のお客さまに、
おもてなしと
気配りを

吉川 知里Yoshikawa Chisato
2018年入社

志望動機を教えてください。

学生時代から地下鉄をよく利用しており、その頃から鉄道業界やそこで働く人に魅力を感じていました。電車は毎日当たり前に運行しているように見えますが、その裏ではたくさんの人々が1つの目標に向かって役割と責任を担っているところや一体感に憧れを抱いていました。Osaka Metroは女性が少ない会社ではありますが、今後女性の活躍も推進していくと聞き、女性が輝く会社を作っていく一員になりたいという気持ちもあり、入社を決意しました。

今の業務内容を教えてください。

改札での接客(乗車券や周辺施設のご案内、遅延対応など)、ホームでのアナウンス、駅長室での電話対応、忘れ物対応、車いすのお客さまの介助などが主な業務です。また外国のお客さまもご利用されるため、英語でご案内することも頻繁にあります。

どんなところにやりがいを
感じますか?

朝夕のラッシュ時間に多くのお客さまにご利用いただいているのを見ると、「こんなにも沢山の方の生活を支えているんだ」と身が引き締まります。また接客時には、ご案内したお客さまから「ありがとう」と言ってもらえたときはやはり嬉しいです。特に外国のお客さまに英語で対応し、喜んでいただけたときは、いつも以上にやりがいを感じます。私たちの対応は、良くも悪くも日本の鉄道会社、ひいては日本の印象に繋がります。国内のお客さまはもちろん、世界中のお客さまに安心・安全・快適に、おもてなしの心と気配りを欠かさない駅スタッフでありたいと思います。

自身の成長を実感した仕事を
教えてください。

入社後約1カ月間行われた実習が、今の自分の土台を築いてくれたと思っています。実習では、駅構内での業務や一日の流れをOJTで覚えていきました。特に印象に残っているのが、実際にホームに立って電車の発着を見送る一連の動作を学んだことです。ホームに立ってアナウンスをしている駅スタッフの動作は一見簡単なように見えますが、実際は常にお客さまの動向を注視し、車掌と連携を取りながらお客さまの安全を確保するという大切な作業を行っています。自分がお客さまの安全と、電車のスムーズな運行を守っていることに気付き、大きな一歩を踏み出した実感が湧きました。

これからの目標を教えてください。

Osaka Metroは民営化してまだ日が浅く、今まさに変革期にあります。会社の未来は、私たち若い世代にかかっている部分も大きいのではないかと思います。現在は駅長など、目上の方と話す機会が頻繁にあるため、積極的に意見を伝えるようにしています。今後も駅で自分ができることを増やしていって、車掌や運転士等、次のステップに進める機会があれば挑戦したいと思います。これから入社してくる後輩たちとも力を合わせ、Osaka Metroの発展に貢献したいです。

ONE DAY SCHEDULE