設備の存在意義や
背景まで調べ抜き、
安全を守る

鬼頭 昇平Kito Shohei
2018年入社

志望動機を教えてください。

大学では水処理の研究をしており、広い意味での「社会インフラ」に興味を持っていました。就職活動をする中で、多くのお客さまにご利用いただく事業に関わりたいという気持ちが生まれ、当時の私を含め、大阪府民に馴染みの深いOsaka Metroに興味を持つようになりました。Osaka Metroは私の入社と同時に民営化することが決まっており、様々な新規事業に挑戦していくことが決まっていたのも魅力でした。新規事業にも積極的に関わっていき、新会社と一緒に成長していけると思いましたね。

今の業務内容を教えてください。

私が所属している電気部では、電車を走らせるための電気だけでなく、駅の照明や改札機、防災設備等に関わる電気など、多岐にわたる仕事があります。その中で、鉄道会社に一番欠かせない部分である「安全」を推進していくことが、私の担当する仕事です。事故・障害が発生したらその原因を追究して対策を講じ、再び事故を起こさないようにする。また安全に関する行事の取りまとめを行うなど、日々安全対策を追究しています。

どんなところにやりがいを
感じますか?

自身の仕事が「鉄道の安全に直結している!」と感じられる点がやりがいですね。電気設備等で事故・故障が起きた際は、その設備の設計だけでなく、設備が作られた際の背景も含めて議論を行います。まだ入社間もなく知識の浅い私ですが、故障が起きたその設備の意義について調べ、わからないことは積極的に質問をすることで、理解を深めるようにしています。こうして得た知識を用いて、事故について対策と改善点を踏まえたディスカッションが出来たときに、大きなやりがいを感じます。

自身の成長を実感した仕事を
教えてください。

事故・障害が発生した際の会議に初めて参加したときのことです。活発な議論が行われる中、入社間もない私は話を理解するだけで精一杯でした。しかし私自身も積極的に議論しないと意味がないと思い、議論の内容をホワイトボードにまとめて図式化し、要点を整理しました。その結果、会議全体の方向性が定まり、また考えが整理されたことで私自身も議論に参加できるようになったのです。新人であってもできることから取り組むことで貢献できると気づき、一層積極的に取り組むことを意識するようになりました。

これからの目標を教えてください。

新規事業に一から携わり「これは自分で作ったんだ!」と思えるプロジェクトを成し遂げることが今の目標です。現時点でも様々な新規事業の取り組みに参加させていただいてはいますが、まだまだ半人前の仕事しかできていないと感じています。そのためまずは多くの取り組みに参加し力をつけ、自身で考えて行動できるようになることが今の課題です。それができるようになれば、将来的には事業を引っ張っていける人物になれるはずだと思っています。いつかお客さまも自分自身も満足いくような新規事業に携わっていきたいですね。

ONE DAY SCHEDULE