変革期の中で、
未来のスタンダードを
構築する

西浦 未紗Nishiura Misa
2016年入社

志望動機を教えてください。

学生時代は化学を専攻しており、化学の知識をそのまま活かす就職も考えました。しかし私はゼネラリストとして幅広い業務に携わることができる職場で働きたいという思いが強かったため、そんなチャレンジを歓迎してくれる会社はないか、という視点で企業選びをしていました。鉄道会社は関連事業も含め業務内容が多岐に及ぶこと、大阪育ちで地下鉄に親しみがあったことに加え、民営化の可能性のある変革期真っただ中の会社であるという点に魅力を感じ、入社を決めました。

今の業務内容を教えてください。

私たちは鉄道の根幹となる運賃制度や、乗車券・ICカードの施策など収益やお客さまの利便性に直結する仕事をしています。制度変更や新たな施策の導入・実施に向け、社内関係部署はもちろんのこと、必要であれば同業他社の担当者とも調整を行います。そして内容によっては監督官庁への届出等を済ませ、お客さまへの案内物を作成し、ようやく実施を迎えることになります。それ以外にもお客さまからのお問い合わせに対応することもあり、業務内容は多岐にわたります。

どんなところにやりがいを
感じますか?

今の仕事はお客さまに与える影響が比較的大きいものが多いため、無事実施にこぎつけたときはもちろん、お客さまから反響をいただいたときは大きなやりがいを感じます。インフラのひとつである鉄道事業とその関連事業をとおして、お客さまの日常生活への影響力を実感できるところは大きな魅力です。

自身の成長を実感した仕事を
教えてください。

民営化にあたり鉄道・バス営業に関する規則類を改正する仕事に携わったことは、1つのターニングポイントになりました。市の条例の制限がなくなる、鉄道とバスが別会社になるなどといったことに伴い、運賃制度や乗車券などに関連する規則類についても今一度見直す機会となりました。その際に鉄道・バスに関する業法について改めて読み込んだり、運送約款というもののあり方やその内容について考えることができたことは、自身の仕事に深みを与える貴重な経験になったと感じています。

これからの目標を教えてください。

これまでの仕事を通して運賃制度に関する専門的な知識を身につけ、運賃改定や乗車券施策の実施などに携わらせていただくことができました。また同業他社の方々ともつながりを持つことができ、自分自身の知見を大きく広げることができたと思っています。今後は仕事を通してさらに幅広い知識と経験を身につけ、多角的な視野で物事を見ることのできる人材になりたいと思います。

ONE DAY SCHEDULE