いずれは設計全般に
精通したスペシャリストに
なりたい

福本 大貴Fukumoto Hiroki
2018年入社

志望動機を教えてください。

電車に関わる仕事がしたいという思いは子どもの頃からあり、新卒で就職したのはローカル鉄道の運営会社でした。車両の整備を担当させてもらい、それなりにおもしろい仕事でしたが、変則勤務で肉体的にきつかったのと、経営的にも厳しそうな状況を感じて、長く働けて、ずっと成長できる職場としてOsaka Metroへ転職しました。現場ではなくいずれ監理や設計の仕事ができるようになりたいと思ったことが大きな理由でした。地元の大阪で働けること、そして転勤がないのも魅力でしたね。

今の業務内容を教えてください。

建築管理事務所に所属し、中央線を含む大阪市域北側エリアのエレベーターやエスカレーター、消防設備、居室空調設備、給排水設備などの工事監理および保守管理をしています。工事監理は工事内容の承認や作業の確認が主な業務です。たとえば空調機の更新なら、室外機、室内機、配管などが図面通りの位置に正しい手順で設置されているかを確認します。駅に設置する空調機となるとそのサイズもかなり大きく、室外機だけで1トン級になるものも。お客さまの目に触れることは少ないですが、地下の環境を快適に保つための設備ですので、その設置工事には神経を使いますね。もうひとつの業務である保守管理は、設備点検業者が行ったメンテナンス作業を点検・チェックし、追加で修理が必要な場合には、内容を的確に指示するために図面を作成することもあります。

どんなところにやりがいを
感じますか?

入社1年目で新しい技術の実証実験に携わることができました。それが社内の「業務研究発表会」の対象研究に選ばれたため、私が発表会のための論文とプレゼンテーション資料を作成することになったんです。もともと文章を書くのが得意ではなく、論文作成は大学生のときに一度経験しただけ。戸惑いながら作業を進めましたが、チームの先輩方にアドバイスを受けて無事に書き上げることができました。監理の仕事に就けただけでなく、入社早々こういう経験をさせてもらえたことにも、大きなやりがいを感じます。

自身の成長を実感した仕事を
教えてください。

論文だけでなく、プレゼンテーション資料の作成も貴重な体験でした。発表するのはトイレの下水設備のメンテナンス作業を改善するという、きわめて地味で専門的な技術です。そんな設備の存在さえ知らない専門外の方に技術の内容と価値を理解してもらうには、どんな言葉を選び、どう順序立ててプレゼンテーションをすればいいか、ずいぶん悩みました。でも、分かりやすい伝え方を考えるというこのときの経験が、工事内容を説明したり、仕事の引き継ぎをしたりするときにとても役立つようになったんです。

これからの目標を教えてください。

工事監理の仕事を一人でこなせるようになることが当面の目標です。そのスキルを身につけながら、設計に関わる仕事の幅を徐々に広げていきたいと思っています。設計には図面を作成するという作業のほかに、積算という重要な仕事もあります。設計図面から工事内容の項目ごとに数量を拾い出して全体の工事予算を算出する仕事ですが、私にとって未経験な分野なので、次はそのスキルも身につけたいと思っています。いずれは設計に関わる業務全般に精通したスペシャリストになるのが目標ですね。

ONE DAY SCHEDULE