土木に限定されない
モノづくりが魅力。いつか
新線の建設に携わりたい

西森 文子Nishimori Ayako
2014年入社

志望動機を教えてください。

モノづくりが好きで土木の勉強をしてきました。土木の仕事は選択肢の幅が広いのですが、就職にあたって重視したのは、遠方への転勤がなく大阪を元気にできる仕事がしたいということ。そうすると地元の鉄道や電気、ガスなどのインフラ系企業に絞られ、街を元気にするならやはり「静」より「動」、「人を動かすことができる仕事」と思ったので鉄道を選びました。最終的にOsaka Metroを選択したのは、土木という分野に縛られず、いろいろな仕事ができそうだったからです。実際、入社してからは、モノづくりを軸にしながら新しい分野に次々とチャレンジしています。

今の業務内容を教えてください。

現在はエレベーターやエスカレーター、可動式ホーム柵など、バリアフリー設備の計画立案と調整、進捗状況のチェックなどを行っています。実際に設備をつくるのは設計・施工などの部門ですが、どこに、どのような設備をつくるかを計画し、社内の技術部門や設置する駅、行政、警察、地下埋設物の関連企業(電気、ガスなど)等と調整を重ねながらプロジェクトを進めています。どの仕事も関係者が多く、数年を要するプロジェクトばかり。そう簡単に成果が出るものではありませんが、将来必ずOsaka Metroの安全性や利便性の向上に貢献できると考えています。

どんなところにやりがいを
感じますか?

お客さまが直接ご利用になる設備なので、実際に使っておられるところをよく目にします。例えば、ホームと電車の隙間や段差を小さくして安全を確保する施策も私たちの仕事なのですが、車いすの方がスムーズに乗り降りされているのを見ると「少しはお役に立てたかなあ」とうれしくなります。また、新しくできたエレベーターを大勢のお客さまが利用されているのを見ると次の計画への自信にもつながります。

自身の成長を実感した仕事を
教えてください。

入社1年目から4年目までは毎年異動があり、入社時に望んでいた通り、いろいろな仕事を経験することができました。たくさんの経験ができた一方で、今振り返ると異動先では周りがみんな先輩だったので何もかも教えてもらうことができ、少し甘えがあったような気がしています。5年目は異動がなく、初めて新しい人を迎える立場になりました。すると、今度は自分が仕事を教えたり、考え方を伝える役割に。これまで何気なくやっていた業務も、人に伝えるとなると、一つひとつ言語化する必要があり、仕事に向き合う姿勢がずいぶん変わりました。吸収するだけでなく発信することで自分の中で業務が整理され、視点が高く持てるようになったと感じています。

これからの目標を教えてください。

今の部署の仕事は好きですし、突き詰めたいという思いもありますが、これまで同様いろいろな業務を経験して知識を蓄え、ものごとを多角的かつ俯瞰的に見ることができるようになりたいという思いの方が強くあります。それができるのがOsaka Metroですし、チャンスがあればいつかは新線の建設にも携わってみたいと思っています。実際に携わった仕事が大阪の街の一部になれば、こんなにやりがいのあるモノづくりはないですから。多くの経験を積み、「あの人に任せれば大丈夫」「あの人に聞けばわかる」と言われるようになりたいですね。

ONE DAY SCHEDULE