勤務・労働条件など
社員が活き活きと
働きやすい環境を整備

森田 くるみMorita Kurumi
2017年入社

志望動機を教えてください。

学生時代、地域活性化について勉強しており、生まれ育った大阪に根ざした会社で地域に貢献していきたいと思っていました。とくに当社は民営化を控え、制度や体制がダイナミックに変わっていく転換期だったので、その変革に自分も一から参加したいと考えたのが志望動機です。今なら新しいことにどんどん挑戦できるし、与えられる裁量も大きいに違いないと思ったのが決め手でした。

今の業務内容を教えてください。

賃金・労働条件の企画や人件費の管理を担当しており、社員が働きやすい労働環境を整える仕事をしています。業務を行うにあたっては会社の目指す姿や社内の現状・課題だけでなく、関係法令や社会経済情勢など多くの視点から検討することが必要です。そのためデータの統計や専門知識の習得をしながら社員のモチベーションアップに繋がる制度の構築を目指しています。

どんなところにやりがいを
感じますか?

民営化に向けて、就業規則を一新する業務に携わりました。一から作り上げた就業規則が目に見える成果となったときには大きな達成感がありましたね。今は民間会社として全社員を支える新たな制度を整備しているところです。社員のやりがいと働きやすさを両立し、会社をより良くするための制度づくりに自分も参加しているということに、やりがいや面白さを感じています。

自身の成長を実感した仕事を
教えてください。

入社1年目に、民営化に向けて就業規則を一新する業務に携わりました。専門知識が全くない状態からのスタートだったので、初めは話し合いについていくことで精一杯でしたが、最終的には自身で提案した制度が反映されるレベルにまで達しました。何度も話し合って制度構築していく中で、知識だけでなく全社員の立場で考えることができた事が、自身にとって貴重な経験となりました。

これからの目標を教えてください。

これまで労働関係法令等の専門知識を習得しながら全社員を支える賃金・労働条件の整備をしてきました。また知識の習得だけでなく、関係部署との調整や現状分析を通して多くの視点から物事を考える必要性を学びました。これからも更に知識と経験を深めつつ、多角的な視点で仕事ができるようになりたいです。

ONE DAY SCHEDULE